NIGHT_SHIFT (B級映画&ゲーム雑感 上井某BLOG)

上井某(家主)が観た「B級映画」(主にホラーとサスペンス)の感想と、たまにゲームとかアニメとかについてつらつらと語るブログです。

2008/05/26:「週末は雨ふりの日」

2008/05/26:「週末は雨ふりの日」

 そろそろボーナスが近い事もあるので、先週末は時間を見てメガネを新調したり白物家電や家具をみたりと、普段は買わない『高めの日用品』を買いにでも出かけようと思っていたのですが…

 週末はずっと雨ふりだったので、出かけるのを断念しました。

 やはりこの手の『嗜好品』でも『生活必需品』でもない日用品とかは、どうにも先送りになってしまいます。
 服とかみたいに、ウィンドウショッピングで衝動買い出来るようなものでも無いですしね…


 そういや話は全然変わりますが、ゲーセンでCAVEの新作シューティングである怒首領蜂・大復活」がいよいよ稼動開始したとの事。

 コレも出かけるついでにプレイしに行こうかとも思っていたのですが、結局出かけなかったため未だにプレイ出来ていません。

 そもそも、近所のゲーセンに入荷してるかなぁ?

 最近は『新作シューティング』をやる為ぐらいでしかゲーセンまで行かなくなりましたが、やはりゲーセンで100円を投入してプレイするシューティングゲームってのは『真剣勝負』って感じで、やはり家庭用ゲームに移植されたものをプレイするのとは感覚が違うんですよね。

 最近は、家庭用ゲーム機が高性能化したおかげで割とどんなゲームでも出来るようになり、ゲーセンに行く必然性が減ってしまった感じですが、やっぱ新作シューティングをやるためだけにもゲーセンに行くのは止められません。

                  *

 あと、最近なんとなくですが『絵を描きたい病』が再発して、落書きばっかしております。
 まあ、絵を突然描きたくなるのは、絵描きの発作みたいなもんですので…
イメージ 1
 雪歩です、雪歩ですな。
 先週は亜美/真美の誕生日だったのに、相変わらず家主は全く空気が読めていません。

 そういえば、「アイマスL4U」の5月DLCの新コスチューム「アストロガール(宇宙服)」は予想の斜め上すぎて笑いました。

 もう、アイドルの衣装でも何でも無いわ!!(笑)
イメージ 2

 このDLC1000ゲイツ(1500円)も支払って買う人が、果たして居るのだろうか?
 要らなさ過ぎて、むしろ欲しいわ…

 閑話休題



 んで、いつもどおり先週に買ったものとか…。
イメージ 3

 怪物王女の7巻は、あいかわらず新刊が出たのが分かりづらい表紙です。

 お話そのものは面白いのですが、ストーリーは前に進んでるんだか進んでないんだか…

 あと、Xbox360のソフトであるストラングルホールド「ブレイジング・エンジェル2 シークレット・ミッション・オブ・WWII」を購入。

 「ストラングルホールド」は新作なのでともかく、何で今更になって3月発売の「ブレイジング・エンジェル2」なんぞを買ったのかと言うと…

 もともと第二次大戦もののゲームは好きなので、発売当初から気になっていたタイトルではあったのですが、先日からAmazonの庫処分セールで値引きがかかって4,000円弱で投売りされていたので『そろそろ買い時か?』と思ったため。
 (ちなみにスグに在庫切れになり、現在は定価に戻ってます。)

 感想に関しては後述…
 (つっても「ブレイジング・エンジェル2」は、まだ封も切ってないんですが…)



 ゲームに関しては、Xbox360にて購入したストラングルホールドと、日本語版が発売された事でプレイヤーが増えた事もあってオレンジボックス「チームフォートレス2」なんかをプレイ中。


 「ストラングルホールド」は、最近はすっかりハリウッドメジャーとなった映画監督のジョン・ウー製作による、ノワールアクション風のTPS(サードパーソンシューティング)ゲーム。

 一応、映画「新・男達の挽歌」の続編に当たる話で、ストーリー的にも繋がっているようなのですが、私は本編の「新・男達の挽歌」を観てないので、残念ながらいま一つ繋がりは良く分かりません。
 まあ、要所要所で過去の回想シーンとかも入るので、映画を見てなくてもあまり困ることは無さそうです。

 主人公は映画同様にテキーラ刑事で、主演のチョウ・ユンファそっくりのモデリングがなされてて、それだけでもなかなか笑えます。

 ゲームの内容はTPSの形式は取ってますが、バランス的には『アクションゲーム』寄りな感じ…
 というか、むしろジョン・ウー映画シミュレーター』とでも言うような内容で、『リロード無しで延々と連射できる2丁拳銃』を乱射しつつ、敵の動きがスローモーションになるバレットタイム(「マトリックス」とかのアレっぽい演出ね)等の特殊能力を駆使して、悪人どもをバッタバッタとなぎ倒して『俺TUEEEEEEEEE!!!!』と悦に入る為のゲームです。

 必殺技の「ローリングアタック」を発動すると、チョウ・ユンファ回転しながら銃を乱射して、辺りに『白い鳩』が飛び交って周囲の敵が全滅するという『分かってるなぁ』という感じのお馬鹿演出が笑わせてくれます。

 基本は、ジョン・ウーの映画の主人公になりきって『俺TUEEEEEEEE!!』を実現する為のゲームなので難易度は低めです。

 まあ一応は高難易度のモードとかも容易されていますが、むしろ難易度を低くして、手すりを滑り降りながら看板を撃ち落して下にいる敵を倒したり、カートに飛び乗ってスライディングしながら銃を乱射したり…という、『お馬鹿アクション』マジメに決めまくって大笑いするのが正しい遊び方ではないかと?

 そんな感じなのでジョン・ウーの映画』『馬鹿ゲーム』好きな人にはオススメの作品ですが、そうでなければ単なる『ゲームバランスのヌルい馬鹿ゲー』って感じかな?
 ちなみに私は両方とも好きなので、かなり楽しめておりますよ。

 あとオンライン対戦モードもありますが、対戦モードはオマケって程度ですね。
 フレンドと適当に遊んでみましたが対戦モードでまで、画面をスローにする「テキーラタイム」が使えるので、とにかくメチャクチャ大味です。

 『分かっている』フレンド同士が集まって、大笑いしながらバカ騒ぎするのは結構楽しそうですが、ホントにそれだけのゲームですねぇ…
 少なくともマジメに対戦するのには全く向いてません。

 ルールもデスマッチ(&チームデスマッチ)しか無いので、スグに飽きそうですし…

 あと日本のみが対戦サーバが分けられているらしく日本人同士でしか対戦出来ないようで、既に対戦部屋が過疎化してたりするので『対戦目的で買う』のはちょっとオススメ出来ないかな?
 (まあこの内容で全世界と遊べたとしても、既に過疎ってると思うけど…)

                   *

 あと、先日オレンジボックスの日本語版が発売された事もあり、「チームフォートレス2」のオンラインをプレイ開始。
 (前まではオンラインに繋いでも外人しか居なかった(←当たり前)ので、あまり遊ぶ気がしなかったんですよね…)

 このゲーム、慣れないうちは『大味な内容だなぁ』と思っていましたが、ルールが分かって来るとなかなか面白いですね。

 選択できる9種類の兵種に、それぞれ『他には無い特徴』が設定されてて、各自の長所を活かしつつ弱点をフォローしあって戦って行くというシステムは良く出来ています。

 個人がいくら上手くても『個人技だけではどうにもならない』というゲームバランスで、チームの事を考えて共闘していかないと勝てないというのは面白いですね。
 お陰で、銃撃やアクションが下手でも自分の『チーム内での役割』をしっかりと理解して担当すれば、どんなプレイヤーでも活躍できるチャンスがあるのは非常に良い感じです。

 ただ、チームプレイのシステムがやや複雑な上にマニュアルも不親切なので、コツをを理解する前に投げてしまう人が多そうなのは難点かなぁ。
 また、チーム戦がメインなのに『フレンド同士でパーティを組んでのプレイ』がし難いのは、残念なところ…

 あと回線が不安定で落ちやすいのと、ちょっとフリーズしやすいのは問題かも?
 海外では結構前に出たゲームなので、今更パッチで改善されるとも思わないし…
 その辺が、もうちょっと良く出来てればガッツリとハマれそうな気がするので、非常に惜しいですね。

 個人的に、スカウトかスパイになって敵陣を引っかきまわすのが好きですが、ヘビーガンナーになって拠点を防衛してる事も多いかも?

 とまれ暫くは、オンでは「チームフォートレス2」をやり込んでそうです。
 本作は割と流しで遊んでいる事が多いですので、もし見かけたら宜しくです。




 映画に関しては、ビデオにて「デッド・オア・ウェイブ」と「ゾンビーノ」を鑑賞。

 各感想は下記のリンクから…

◆◆◆05/19~05/25のトピック◆◆◆

 ●映画感想:「デッド・オア・ウェイブ」
 >http://blogs.yahoo.co.jp/uei_nanigashi/56494851.html

 ●映画感想:「ゾンビーノ」
 >http://blogs.yahoo.co.jp/uei_nanigashi/56510466.html