NIGHT_SHIFT (B級映画&ゲーム雑感 上井某BLOG)

上井某(家主)が観た「B級映画」(主にホラーとサスペンス)の感想と、たまにゲームとかアニメとかについてつらつらと語るブログです。

映画感想:「ゾンビ・クラッシャーズ 最凶ヴァンパイア部隊」(55点/アクションホラー)

イメージ 1

■■■「ゾンビ・クラッシャーズ 最凶ヴァンパイア部隊」■■■
(55点/アクションホラー)

 カーティスらの大学生5人は、森の奧の湖にバカンスへと訪れた際に、湖の側の安モーテルに泊まる事となる。

 しかし、モーテルには管理人も客も居らず全く無人の状態で、不気味なものを感じつつも仕方なく管理人が帰ってくるのを待ちつつモーテルの部屋を利用する彼らだったが、モーテルでの休憩中に『死体のような姿』をした人々の襲撃を受ける。

 彼らは、モーテルのなかに立てこもってソンビの群れから身を守ろうとするが、その場にバンに乗って唐突に現れた『謎の武装集団』によってゾンビは撃退され九死に一生を得ることとなる。

 彼らこそは、ゾンビたちを皆殺しにする為に『ヴァンパイア』達によって結成された『ゾンビ狩り部隊』だったのだ…



 ゾンビの群れ殲滅する為に戦うヴァンパイアの特殊部隊の活躍を描いた、アクションホラー映画。

 何か『ゾンビを倒す為のヴァンパイア部隊』とか、物凄くアニメっぽいというか中二病っぽい設定のお話ですが、中身の方もまさにそんな感じのお話ですね。

 全体的にアメコミとかを意識した作りで、演出とかもどことなくマンガっぽい印象を受ける内容です。

 ヴァンパイアが何故にゾンビを退治してるかと言いますと、人間の血を吸うことを止めて『牛の血液』を飲んで生きていたヴァンパイアの一族が、狂牛病の病原体の影響で『ゾンビ化して凶暴化してしまった同胞を倒す』といった感じの設定だったりします。

 まあ正義のヒーローというよりは『自己責任だろ…』って感じのお話なのですが、設定としてはアリかなと?

 映画の内容に関しては、何と言うか『8割方が戦闘シーン』って感じで、ひたすらドンパチするだけの映画ですね。

 『どんだけ大量に要るんだよ?』ってイキオイで出てくるゾンビ軍団を、ひたすらに撃ちまくって、剣で切り刻んでという感じのノリで、とにかく殆どのシーンが『戦ってるだけ』なのでテンポは良いです。

 あと、キャラクターに深みを出す為か、ところどころでヴァンパイア戦士たちが『自分が何故ヴァンパイアになったか…』等を語る過去回想(中世だったり西部開拓時代だったり…)が入ったりするんですが、そのシーンでも『ひたすら戦ってるだけ』という、ある意味で非常に徹底した内容ですね。(笑)

 徹底していると言えば特殊部隊が使用する武器が割とマニアックで、『どこの軍隊がパトロンに付いてるんだよ?』ってぐらいにアサルトライフルとか軽機関銃とか対物ライフルとか対人用地雷とかがバンバン出てくるのは、兵器マニアにはなかなか楽しいところ。
 (でも、武器の発射音がショボいのは残念な部分…)

 ただ、予算の都合からか全体的に戦闘シーンが地味でちょっと物足りなさを感じる部分もあります。
 正直、サブタイトルの『最凶ヴァンパイア部隊』ってのは、誇大広告も良いところで、あんまり強くも凶悪でも無いですしね…

 でもまあ、この内容で予算を潤沢に使えてれば、もっと爽快感のある作品になったんだろうなぁ…と感じる部分もあるのが惜しいところですよ。

 まあ単純な内容のお話なのですが、アメコミ風でテンポも良いですし、終盤には割とカタルシスを得られるような展開も用意されてますし、悪い出来では無い感じかなぁ?


 総評としましては、恐ろしく中身の無い映画ですが『テンポ良くアクションシーンだけをひたすら見れる』って点では、純粋なアクション映画としてはそれなりに楽しめるレベルの作品って感じですね。

 とにかく『ひたすら戦うだけ』の内容なので、細かいことを気にせずにボーッと観る分にはストレス解消になるタイトルでしょう。
 ただ、アクションが地味目で爽快感がイマイチなので、それほどオススメという訳ではありませんが。

 アクションホラーが大好きで、『そういったジャンルの映画を何でも良いから観てみたい』という人であれば、まあそれなりに楽しめる作品だと思いますので、気になる場合はチェックしてみても良いんじゃないでしょうか?