NIGHT_SHIFT (B級映画&ゲーム雑感 上井某BLOG)

上井某(家主)が観た「B級映画」(主にホラーとサスペンス)の感想と、たまにゲームとかアニメとかについてつらつらと語るブログです。

2012/02/24:「奴らが来たなら戸を閉めろの日」

2012/02/24:「奴らが来たなら戸を閉めろの日」

 2月も下旬になって、ようやく寒さも少し和らいできた今日この頃ですが、初春の到来と同時にやってくる嫌な奴の飛散が今年も始まりました。

 同じ悩みを持ってる人ならピンと来る方も多いかと思いますが、そうです『スギ花粉』の季節の到来です。

 先週の頭ぐらいから、自分の『花粉センサー』が反応をキャッチしはじめたのですが、どうやら週末辺りから本格的に飛散を開始した印象。


 同じ花粉症持ちの友人から、最近のマンションでは『24時間換気』のシステムが曲者だと聞いていたので、去年のうちから『換気口用のフィルター』を設置して備えていたのですが…

 朝に目を覚ます度に鼻がムズムズしてクシャミを連発してしまうので、何でだろうと思いきや、よく考えたら最近のエアコンって『換気機能』が付いてるんですね。

 未だに早朝は寒いので、朝だけはエアコンをタイマーで点けるようにしてたのですが、まさか『エアコンが室内に花粉を取り込んでしまう』という落とし穴があるとは思っていませんでしたよ…

 うーむ事前にキチンと調査して、外気との換気機能の無いタイプのエアコンを買っておくべきだったなぁ。(一応、エアコンに『空気清浄』の機能はあるのですが、それだけでは対処しきれてない模様。)

 まあ、もう少し暖かくなれば朝もエアコンを付ける程でも無くなるしそれまでは我慢するか、やや不便だけどファンヒーターのオンタイマー機能でも使うかなぁ?(ファンヒーターは細かい時間が設定できないので…)


 とまれ、コレから本格的に『花粉の飛散するシーズン』に突入していく事を考えると、何とも憂鬱な限りではありますよ。

 お蔭で、春先はどうにも出不精になりがちです。

 閑話休題




 そんな感じで、先週に買ったものとか色々。

イメージ 1

 gdgd妖精sの2巻。

 毎度のごとくAmazonで頼んでたのですが、たまたま前日に掃除に使おうと「重曹」を注文したら、何故か一緒の段ボールに入って送られてきて、重曹の袋を取り出したら下からこのBDが出てきたので余りのシュールな組み合わせに笑ってしまいました。

 しかも何故かその写真が、本作の構成作家さんからRTされてるし。
 何故にそのネタに食いつくのか…スタッフも含めてホントに訳の分からないアニメだよ!(笑)

 とまれ、2巻もコメンタリーとかなかなか面白かったです。
 本編に関係ない事をダラダラ喋りすぎな気もしますが、むしろこの作品には方向性の無い『ゆるさ』があってる気が…
 (とりあえず、みもりんのお父さんが面白い人だという事は良くわかった。)

                             *

 アンダーディフィートHD」Xbox360の通常版を購入。

 グレフは、今回からPS3Xbox360マルチプラットフォーム展開ですが、このゲームをマルチで出しても売れるとは思えんのだけどなぁ…

 つか、フレンドでも自分以外に買ってる人を見かけないんだけど、何本ぐらい売れたんだろうか?




 ゲームに関しては、Xbox360にて購入したアンダーディフィートHD」と、ALAN WAKE: American Nightmare」をプレイ中。

                             *

 「アンダーディフィートHD」は、もともとアーケードの作品で過去にDCでも発売されてた、グレフの2Dシューティングゲーム

 最近、なんとなくシューティングやりたい熱が高まってたのと、かつてDC版を買い逃していたので、なんとなく購入。

 ゲームモードとしては、アーケードの移植そのままの『アーケードモード』とワイド画面に対応したニューオーダーモード(アレンジモード)』があるのですが…

 ウリである筈のニューオーダーモード』の出来が物凄く微妙なんですが、コイツはどうしたもんでしょうか?

 敵の出現パターンとかはたいして変わらないし、画面が左右に広くなるので敵が分散して倒しにくくなるだけだし、敵との距離が近いので弾を避けにくいし、正直言ってストレスしか溜まりません。

 むしろ弾を遅くして初心者向けにするか、ゲーム性を一変させるぐらい違うシステムにするとか、もっと大幅なアレンジをした方が良かったのでは?

 アレンジBGMにボス戦の曲が入ってないのも謎の仕様だし、正直に言ってこんな『やっつけな感じのアレンジモード』なら要らなかったなぁ…


 あ、でもアーケードモードの方は普通に面白いですよ。

 敵弾早い上に覚えてないと避けれないという、完全な『パターン構築型』のSTGなので人は選ぶと思いますが、逆にシッカリとパターン化していけば確実に進めるステージが伸びていきますし、こういう『死んでパターンを覚える』ようなゲームは、アーケードだと(金銭的に)キツイですがコンシューマだと気軽に遊べるのも良いですね。

 箱版の2本のスティックを使った操作(左スティックで自機、右スティックで射撃方向を操作)もプレイしやすいですし、操作方法のアレンジはなかなか良い感じ。

 だたリプレイのダウンロードとかが出来ないので、上手いプレイヤーのプレイを攻略の参考に出来ないのは、残念なところだなぁ…
 (3面のボスの攻略法とか、未だにサッパリわかりません。)
 素直に攻略DVD付きの限定版を買った方が良かったか?

 まあ、フルプライスの定価で買うほどの物かと言われると微妙ですが、DC版を持ってない自分としては調度良かったかも。

 でもグレフは、とりあえずコレに続いてボーダーダウン」も移植して下さると非常に嬉しいのですけど…
 (アチラはAC版で結構ハマってプレイしたので。)

                             *

 ALAN WAKE: American Nightmare」は、以前にパッケージで販売されたALAN WAKE」の続編に当たる作品。

 今回はXBLAでの配信という事で出来れば続編もキチンとパッケージで販売して欲しかったですが、本編の販売が本国でイマイチ奮わなかったらしいので、まあ続編が作られただけラッキーと考えるべきか?
 最近の新規のアクションADVとしては、1、2競うレベルでを面白い作品だと思うんだけどなぁ…

 ゲームの内容に関しては、当たり前ながらまさにALAN WAKEの続編』って感じのゲームですな。

 ストーリー的には本編+DLC版の続きという展開で、思いっきり話が繋がってるので、前作をプレイしてない人にはストーリーはイマイチ訳ワカメな感じかもしれません。

 でも、本編もDLC版もラストで『世界が再構成されている』という設定で、シリーズを続けてやってる人も『新作が出る度に良くわからん世界に放り込まれている』感じなので、実はシリーズをプレイしてなくても余り困らないかも?
 (まあサブキャラが何者なのかとか、「Mr.スクラッチ」や「闇の存在」とかの意味が分からん可能性はありますが…)

 ゲーム本編に関しては、DLC版(追加シナリオ)でも本編より『アクション寄り』にゲームバランスが振られていたのですが、更に『アクション寄り』なった印象。

 銃の種類も増えて弾薬などが大量に出るようになった代わりに、敵もやたらと大量に出現するようになって、戦闘にかかる比重が増えた印象ですね。

 また『懐中電灯を当てると分裂する敵』や『爆発物を投げてくる敵』といった厄介な新タイプの敵キャラも増えており、アクションゲームとしてのゲーム性は向上しています。
 矢鱈と回り込んで死角から攻撃してこようとする敵のAIも、小賢しくて良い感じですな。

 現時点で3面目なので、プレイ状況はまだ序盤~中盤辺りだと思いますが、XBLAのタイトルだけあってボリュームが多くなさそうなのは気になる部分かな?

 また、配信日を全世界で合わせたせいで時間が足りなかったのか、今回はローカライズが『吹き替え』ではなく『字幕』になってしまっているのは残念なところです。
 (本編の吹き替えはかなり良い味を出してたので…)


 あと、オマケの「アーケードモード」は、いわゆる『サバイバルモード』で一定時間の敵の攻撃を生き延びてスコアアタックを行うモードなのですが、このモードも意外と楽しくて良い感じですね。
 本編では割と『保守的な戦い』しか出来ないので、アラン先生を華麗に大暴れさせられるのはストレス解消になって面白いです。

 惜しむらくは、このモードがオンラインcoopに対応してない事かなぁ?
 このモードはcoopで遊べたら結構盛り上がると思うので、どうせ『サバイバルモード』を付けるならcoopにも対応して欲しかったところ。


 とまれ相変わらず良く出来たゲームなので、本編をプレイした人なら間違いなく買っておいて損は無いタイトルだと思いますよ。

 つか本編をプレイしてない人は、プラチナコレクションとして廉価版が3/8に発売されるので、アクションADV系の作品が好きなら是非!!




 映画に関しては、ビデオにて「ゾンビ・クロニクル」と「コンテイジョン」を鑑賞。

 各感想は下記のリンクから…

◆◆◆2/20~2/26のトピック◆◆◆

 ●映画感想:「ゾンビ・クロニクル」
 >http://blogs.yahoo.co.jp/uei_nanigashi/65480911.html